身体が資本。自分の身体を最優先としましょう。

もう少し早く手を打っていれば、と思う前に、手を打ちましょう。

救急外来で診察をしていると、よくそう思います。

急がば回れ、といいます。

結局、地味に整えっていった方が、トータルの手間は少なくて済むのです。

身体が資本。自分の身体を最優先としましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

投稿者プロフィール

中田潤子
中田潤子
呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。