平成30年度 呼吸器教室 第3回目、無事終わりました。

予定していた内容は、

COPDに包括的リハビリテーションが有効とされている根拠 〜Bode index とは〜

0.はじめに
1.肺の構造、呼吸とは?
2.呼吸器のよくある症状は?
3.COPDって何?
4. Bode index って何?
5.そもそもリハビリテーションって何をするの?

でした。

それぞれの項目について、ていねいに、さまざまな切り口からお話できたと思います。

教室に参加頂いた方に、今回初めて引き出して頂いた話も飛び出し、有意義な時間となりました。

参加して頂いた方々には、この暑い中、参加して頂き、ありがとうございました。

先日、ここ何年も「呼吸リハビリテーション」を行なっている施設を探していたという方とお話する機会がありました。

「呼吸リハビリテーション」という言葉が市民権を得てきたように思いました。

私が「呼吸リハビリテーション」を習いにロサンゼルスに留学に行った2006年から2008年の頃の状況と比べると、感慨深いものがあります。

次回第4回目は、9月14日(金)午後2時半から3時半、大久保病院7階会議室にて、「サチュレーションモニターで遊ぼう。」を中心にお話します。

皆さま、ふるってご参加ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

投稿者プロフィール

中田潤子
中田潤子
呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。