台風19号。台風一過。

今回の台風では、勢力の大きさの前評判に、半信半疑ながら、お水、食料、ランタン、ヘッドライトを購入し、備えました。

台風通過中は、雨も沢山降りましたが、それよりも風のゴーッという音が恐かったです。

石神井川が自宅近くに流れており、氾濫しそうだとのテレビのテロップをみて、あわてて練馬区のハザードマップをみて、石神井川をさがしました。

こんな便利なサイトがありました。

でも、それぞれの橋がどこにあるのかが分からなくて。

ネットで探してすぐ分かりました。

これが石神井川の 昨夜21:20時点の水位でした。

この後、外で防災放送があり、サイレンが鳴り、やきもきしておりました。

が、水位は下がり、結局 石神井川は氾濫しませんでした。

風がピタリと止み、虫の音が戻ってきて、どうなることかと息を詰めて待っていたところ、「大雨特別警報」は東京は解除。ほっとしました。

夜が明けて、鳥のさえずる声が聞こえて。

台風一過。

被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。

調べてみました。

環状七号線地下広域調節池(石神井川区間)工事、まさに進行中でした。

準備をして下さっていてありがとうございます。

他にも、準備されて下さっていました。

八ッ場ダム。ぶっつけ本番。よく耐えて下さいました。

首都圏外郭放水路 (地下神殿)。

ここは時間を作って見学に行きたい。

今回の台風19号は、「狩野川台風(1958年)に匹敵する」と報じられていましたが、狩野川台風とは。

狩野川放水路とは。

日頃からの緊急時の準備の重要性が身にしみました。

また緊急時にたくさんの方々が働いて下さっていました。

感謝しかありません。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。