アラン&バーバラ・ピーズ氏 来日記念講演 in 東京 『ブレイン・プログラミング』 決めると決まる。

『ブレイン・プログラミング』の著者、アラン&バーバラ・ピーズ氏 が来日されています。

本田健さん主催の講演会に参加してきました。

1日目は、『ブレイン・プログラミング』

どうしてこのセミナーを受けたかったか。

呼吸器の診療で、時々おみかけするからです。

自分の本当の望みがはっきりした途端、本来の自分を取り戻して、それはさなぎが蝶になるように、まるで別人、イキイキとした自分を取り戻されるところを。

夢をどのようにかなえるのか。ではなく、何を夢とするか決める。

あとはRAS(ほ乳類の脳幹にある「網様体」という神経の集まり Reticular Activating System)に任せる。

何を夢にするかとは、RASに夢を入力するということ。

そうすると、自然に分かる。

RASに指示された潜在意識が、目標達成に向けて動き出すようになる。

決めると決まる、ということでした。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。