『自分史上最高にかわいく写る シンデレラ・フォトレッスン』 渕上真由著 出版記念 レッスン・パーティーに参加して、「自分らしい写真」の大切さを再確認する。

新宿 紀伊国屋 4階 カメラ技法 のところに平積みになっていたのを、買ってきました。

いよいよ待ちに待った 真由ちゃんの出版記念 レッスン・パーティーです。

親しみを込めて、真由ちゃんと呼ばせて頂きますね。

以前の、真由ちゃんとの写真が載っているブログです。

お祝いのお花がいっぱい。

いよいよ始まります。

恒例の撮り合いっこ。私らしく撮って頂きました。ありがとう。

パーティーでは、スタッフの方々の心尽くしのサプライズが各所に。

精神科医で 40万部突破のベストセラー作家 樺沢紫苑先生からお祝いのスピーチ。

樺沢先生からもサプライズ。
真由ちゃんのお目々がさらに大きくなりました。

ステキなサプライズでした。

真由ちゃん、サンマーク出版 黒川可奈子さんと。

黒川さんが関わった方の中で、企画から刊行まで4年かかったのは、真由ちゃんが1、2位を争う長さだったそうで、それを聞いて真由ちゃんがのけぞっているところ。

おかげで、グッドタイミングの出版となったとのことでした。

真由ちゃんが代表理事を務めるフォトコミュニケーション協会のフォトレッスンでご一緒した方々と、シンデレラ城の前でパシャリ。

オリジナルレンズ拭き2枚当たった!

今日お世話になったスタッフの皆様方。楽しかったです。本当にありがとうございました。

久しぶりに真由ちゃんに会えてうれしかったです。
この度は初出版 本当におめでとうございます。
これからもますますのご発展をお祈りしています。

「自分らしい写真」を撮ってもらう事で、自分自身で自分らしい自分とはどういう姿かが確認できます。
そうして、自分らしく最短でなれる、戻れる、という、もともとコーチングをしていた真由ちゃんならではの、プロのカメラマン目線からのカメラの撮られ方の本になっています。

『自分史上最高にかわいく写る シンデレラ・フォトレッスン』 渕上真由著 サンマーク出版、おススメです。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。