一つの色が、いろいろな色からできていることを知る。

以前の投稿はこちら。

colorboration で色の調合中。目的の緑色を調合するのに、青色と黄色の分量を調節しながら、さらに白を足したり、黒を足したり。

鳥沢久美子先生がおっしゃる、少し青みがかっているとか、赤みがかっているとか、黄色みがかっているとか、少しだけ分かってきた気がします。

 

習うより慣れろの世界です。一度経験しておくと、きっとどんどん分かるようになってくるはずです。

ツバキの花

 

全ての色は、三原色からできている。言葉としては知ってはいましたが、実際調合してみると よく分かります。

青空と雲

全てのことは 数個の原則から成り立っていて、その分量の具合と、清濁の加減で、顔つきが違って見えるだけなのでしょうか。少し身の回りのことで考えてみようと思いました。