レゾナンスリーディングで専門家になる。

レゾナンスリーディング マスター講座1日目。

講師は開発者の渡邊康弘さん。通称ヤスさんです。

ヤスさんの、最近のマスター講座のブログです。

この写真は、実際にどのように本をめくるのか、ヤスさんが実演をしているところです。

問いをたてて本を読む。

今回の問いは、「呼吸器教室をもっとよいものにしていくためにできること。」

1日でこんなに読むのか。

読むのです。

マスター講座では、読書を通して1つの分野の専門家になることを目標とします。

このマスター講座のよいところは、たてた問いの答えになる本がわかること。今回は当たり本が5冊でした。だいぶん精度が上がってきました。

講座後、問いの答えに足りなかった本を、ヤスさんに選んでもらいました。

明日はこれだけ読み、問いの答えを完成させます。

時間と空間を共有する人々と、よいものをつくっていきたい。

参加して下さるあなたと。

そのために精進していきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。