有楽町 タニタカフェでフォーを食べました。

JR有楽町駅銀座口に、そのお店はありました。

その場所は、最近まで吉野家があったところ。

あれ、店がかわっている。

表に貼ってあった「夏期限定 和だしのフォー」の広告にひかれてお店に入りました。

注文したのは、こちら。

「和だしで仕上げたよだれ鶏ととろろ昆布・温泉卵のフォー」

おはし袋に〝タニタカフェ〟と書いてある。

タニタのお店でした。

しっかりと和だしでした。温かくて空きっ腹にしみわたりました。大阪生まれとしては、ととろ昆布はうれしい。沢山の生野菜をアツアツのおだしに沈めて食べます。お野菜、シャキシャキでした。もち麦 100円でつけました。もち麦の炊き込みご飯でした。美味しかった。

全部たべて、お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

お店の外に出てから、改めてメニューをじっくり見ました。

驚いたのは翌朝。目覚めスッキリで、身体が喜ぶ食べ物でした。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。