『アウトプット大全』樺沢紫苑著 sanctuary books

著者は、精神科医 樺沢紫苑先生です。

樺沢紫苑先生のことをはじめて知ったのは、5年ほど前。

私の20年来の友人の精神科科の先生が、フェイスブックでいいねを押していたのをみて、興味を持ったのがきっかけです。

どうしてこのように人前で発信しているのでしょう、と興味を持ったのです。

お会いしたくて、横浜ベイサークル、クリスマスパーティーでお話されると知って、パーティーに参加しました。

カクテルドレスを着た女性の方達がまぶしかった。パーティーではどうしたらいいか分からなくて困りました。

最後に思い切って樺沢先生に話かけて、とても気さくな方とわかりました。まずは「ウェブ心理塾」に入会、現在は「樺沢塾」の塾生になりました。

『アウトプット大全』は、樺沢先生の、どうしてこのように人前で発信しているのでしょう、の答えそのものでした。

全部で80項目ありますが、私が勝手に思う樺沢先生がこの本で一番言いたかったところは、73 「目標」ではなく「ビジョン」を掲げる。

「夢」や「理想」を語ると、人がついてくる。

『アウトプット大全』p219に、樺沢先生の「ビジョン」が記載されています。

『アウトプット大全』は手元にいつも置いておく一冊になりました。

※この本は渡邊康弘さんが開発したレゾナンスリーディングの手法で読みました。レゾナンスリーディングは、問いを持って本を読み、行動計画をたてる手法です。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。