歌舞伎町散歩-すずや 新宿本店-

新宿で働きはじめた20数年前から、この場所を通るたびに、「とんかつ茶づけ」って何だろうと思っていました。

先日、『盛り場の歴史散歩地図』 赤岩州五著 草思社 、を読んで、ますます興味がわき、すずや 新宿本店 に「とんかつ茶づけ」を食べに行ってきました。

新宿歌舞伎町の入り口、左のビルが、SUZUYAビルです。

このビルの1階から4階までは、ドトール。

このビルの5階に、すずや 新宿本店はあります。

ドトール正面の右側に、5階から上に行ける入り口があります。

入り口を入ると、左右にエレベーターがあります。

5階へ。

お店に入ると、見事な眺望です。

右手に新宿大ガード。

左手に歌舞伎町の交差点。

メニューです。迷わず、「とんかつ茶づけ」を注文しました。

「とんかつ茶づけ」。とんかつ以外はお代わり自由だそうです。

とんかつの衣が、茹でたキャベツが乗っている上面はしっとり、熱い鉄板側の下面はカリッと、お肉は柔らかく、食感は絶妙なハーモニーでした。

とんかつを半分食べたところで、お茶を頂いて、お茶漬けにして食べます。

最後に出されたお茶をみて、お茶漬けのお茶は緑茶、湯飲みに出されたお茶は番茶と気付きました。

お茶も美味しかった。

他にもメニューがあります。

以下、メニューに書いてあったことです。

「とんかつ茶づけ」は、元々は、まかない。お惣菜屋さんだったすずやで、1950年代、冷えたとんかつをあたたかくしようと、お茶をかけたのがはじまり。

「とんかつ茶づけ」を食べて、歌舞伎町の歴史を感じることができました。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。