息は止めるのではなく、息を吐きながら動くと、パーフォーマンスが上がる。

あっ、バスが来た。

つい息を止めて走ってしまう。

なんとかバスには間に合ったのだけれど、バスの中でゼイゼイ息が苦しい。息が落ち着かない。

そういう経験はありませんか。

本当は。

あっ、バスが来た。

細く長く息を吐きながら走る。息を吸う時は、鼻から吸う。そしてまた、細く長く息を吐きながら走る。

その方が楽なのです。

是非お試し下さい。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。