息は止めるのではなく、息を吐きながら動くと、パーフォーマンスが上がる。

あっ、バスが来た。

つい息を止めて走ってしまう。

なんとかバスには間に合ったのだけれど、バスの中でゼイゼイ息が苦しい。息が落ち着かない。

そういう経験はありませんか。

本当は。

あっ、バスが来た。

細く長く息を吐きながら走る。息を吸う時は、鼻から吸う。そしてまた、細く長く息を吐きながら走る。

その方が楽なのです。

是非お試し下さい。