呼吸とは、エネルギーの源。食事と運動が、呼吸にとって大切です。

オギャーと生まれて、息を引き取るまで、呼吸には毎日お世話になっています。

呼吸を行っているは、小さな空気の袋(肺胞)が集まってできています。肺胞の壁は細胞一層でできているので、とっても小さいです。が、肺胞全部を広げると、テニスコート一面ぐらいの広さになります。広いですね。

肺胞と肺胞の間には、毛細血管が網の目のようにはりめぐらされています。

呼吸

外呼吸

息を吐いて(呼)、それから息を吸うことで(吸)、肺胞内に新しい空気が入ってきます(換気)。空気中の酸素が、肺胞の壁を通して、直接血液に溶け込む一方、大部分は毛細血管内の赤血球に結合できます(拡散)。そして、心臓という血液のポンプが、血液を介して体内の各細胞に酸素を運びます(血流)。換気、拡散、血流、を合わせて外呼吸といいます。

内呼吸

人の体には、細胞が60兆個あります。細胞内にミトコンドリアがあり、エネルギー産生工場として稼働しています。食物(炭水化物・脂肪・たんぱく質)を酸素を使って燃やし(酸化)、ATPというエネルギーの金貨に変えるのです。このことを内呼吸といいます。ごみとして二酸化炭素、水ができます。ごみは血流、拡散、換気と、たどって、体から出ていきます。

小さなピンクの花々

食事は、エネルギーの源です。

量と質が大切です。

運動するとミトコンドリアが増え、エネルギー産生効率が上がります。

運動する人はATPを使う。そうするとミトコンドリアが稼働する。稼働している工場は増設される。そうやってますますエネルギー産生効率が上がります。

逆に、運動しない人はATPを使う量が、運動をする人と比べて少ない。ミトコンドリアが稼働するのが少ない。稼働していない工場は閉鎖される。そうやってエネルギー産生効率は下がります。

まとめ

呼吸とは、エレルギーの源。毎日の食事と運動が、呼吸にとって大切です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::