『ゼロ』堀江貴文著 ダイヤモンド社

実は私は堀江さんが嫌いだったのです、この本を読むまでは。

書店に行くと、堀江貴文×◯◯、の本が目につくようになりました。嫌いだからって理由だけで堀江さんの本を読まないのは、広く本を読んでいないような気がしてきました。

そこで、『ゼロ』、このタイトルが一番インパクトがあったので、この本から読むことにしました。

読んでみて。

ああ、もっと早く読めばよかった。

もう2回も読んでしまった。このブログを書きながら、3回目読んでしまいました。

残った感情は、清々しさでした。

私が思うこの本のキーワードは、「変わる」。

以下気になった3箇所の抜粋です。

◯p33より

〝ゼロの自分に、イチを足そう。掛け算をめざさず、足し算からはじめよう。〟

◯p134より

〝物事を「できる理由」から考える〟

◯p201より

〝考えることと働くことは、どちらも欠かせない車の両輪〟

〝自由を手に入れるために、大きな責任を引き受けよう。〟

この本を読んで、堀江さんのことが好きになりました。

よく知りもしないで嫌いはよくないと反省しました。