ケの日の食事-甘い野菜のスープ-

「ご飯はちゃんと食べていますか。」とおうかがいすると、「ちゃんと食べています。」とおっしゃる方の中に、毎日3食インスタントラーメンの方がいらっしゃいます。

食べ物は、何からできているか分かるものを食べること。

調味料だけは、おしょうゆ、みそ、塩だけは、本物を使うこと。そうすると他の調味料がいらなくなります。

と、いつもお勧めしているのですが。

「毎日3食インスタントラーメンを食べています。」とうかがった時に作ることをお勧めしているのが、『甘い野菜のスープ』です。

作り方は簡単です。

材料は、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじん。

それぞれを同量用意して、みじん切りに。

お鍋に入れて、ひたひたまで水を入れて、中火にかけて。煮立ったら、弱火にして20分煮ます。

野菜をザルでこして、ふきんでしぼります。このしぼりかすは、土に返します。

『甘い野菜のスープ』の出来上がりです。

この『甘い野菜のスープ』は、毎日コップ1杯飲んでもよし。このスープでおみそ汁を作ってもよし。麺類の出汁にしてもよし。

私は3ヶ月続いて飲んだことがあります。その時は、寝る前に作って、朝冷めたのをしぼっていました。3日分まとめて作って、冷蔵庫で保存していました。

マクロビオティックの基本のスープです。身体が整います。お試しあれ。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。