福岡市 もつ鍋 笑樂(しょうらく)

博多駅のビルの上に行ってみました。

シティダイニング くうてん。

10階に上がると、ぱーっと視界が開けて、緑が目に優しい。

お昼ご飯は、もつ鍋に決定。10数年ぶりです。

店内のお客さんは、お一人様が数人。
そろそろランチタイムが終わりそうな時間ですものね。

もつ鍋定食とちゃんぽん麺をお願いしました。

まずは、ご飯、サラダ、辛子明太子、お漬け物、春雨のサラダ。

お鍋がきました。
キャベツが甘い。もつ、ニラはもちろん、ごぼう、にんにく、しょうが、も入っています。

学生時代にもつ鍋を食べた時は、もつがどこのパーツかが気になっていました。
今はこの味はどうやったら出るのかが気になります。
変われば変わるものです。

しめにちゃんぽんを入れて、煮立ってから1分待って、食べてよいとのことで。

もつ鍋はどんな思い出とくっついていたか、考えてみたのです。
ここが胃、ここが腸、とか言いながら、皆で鍋を突っついているシーンを思い出しました。
誰と一緒だったかは思い出せません。

思い出は、〝解剖学〟、はたまた〝学生生活〟。

ふらっと入ったのですが、大当たりのお店でした。