『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活』 桐谷広人(ひろと)著 祥伝社

思いもかけず参加させて頂くことになった桐谷さんの講演会。

このことを話した方からは、行きたい〜、とラブコールすごかった。

テレビに出ている人で、自転車で走り周っているらしい。

この前情報だけで参加した桐谷さんの講演会。

いやー。お話が面白かったの何のって。

どうしてこんなに面白かったのか、考えてみました。

株主優待で生活するに至るまで、プロ棋士、プロの株の投資家として、どんなことがあったか、どう思ったかを、おもしろおかしく話して下さった。

どのことをとっても、誰にでもできることではないのに、それを淡々と語られる。

結果、株を、投機目的ではなく、企業を応援する目的で持とう。

株を、配当金と、日本独自のシステムである株主優待とを合わせて、4%以上ある株を持つ、分散投資として持って、これからの人生100年時代に備えよう。

桐谷さんが不定期で紹介されているテレビ番組「月曜から夜ふかし」の裏話もきけました。

桐谷さんのことで分かったこと。

株式投資に通じていること。

株主優待を利用するとは、企業を応援し、自身も実り豊かに生きる、ということ。

そこには愛があふれていました。

お菓子を頂きました。

この本を編集されたフリーの書籍編集者、大島永理乃さんにお誘い頂き、参加することができました。

新しく視野が広がりました。

四季報を買って、株主優待をチェックしてみようと思いました。