ケンセイメソッド ケンセイ先生が、殺陣を指導、出演、夜西敏成監督『スティールアンジー (2019)』を鑑賞。世界中で上映されて欲しい。

チケットを買ってから、龍谷大学響都ホール校友会館は京都。

え、京都。

そうだ京都、行こう。

本当に京都に行ってきました。

東京駅。天井には「丸」の文字。
気持ちに余裕があるとこんなデザインにも気がつく。
これは日頃から心がけないと。

新幹線に乗って。

京都駅、到着。

龍谷大学響都ホールは駅のホームからみえました。

会場に到着。

ロビーにはポスター。

メイキング画像も。

こちらが、ケンセイ先生。

夜西敏成監督と。

1作目『サファイア』DVDと、夜西敏成監督のサイン。

とても気さくな方でした。

映画監督になるという夢を、どのように具現化されたか、トークショーを楽しみにしていましたが、期待を裏切らない、実際のところどうだったのかというお話でした。

『スティールアンジー』は、

舞台が、アメリカ、ロシア、日本、と3カ国に渡っており、言語も、英語、日本語、ロシア語と3ヶ国語。

手作り石けん、家族愛、アクション、ラブロマンス。

切ない終わり方でした。あー、待ってー、と思いましたよ。

続編を期待します。

夜西敏成監督、どうぞよろしくお願い致します。

夜西敏成監督『スティールアンジー 』の殺陣を指導、出演されたケンセイ先生のケンセイメソッド、英語の発音レッスンが、9月26日(木)19:10-21:10 東京 新橋で開催されます。

ハリウッドのオーデイションで役を勝ち取り、19本の映画に出演されたケンセイ先生。

発音がネックでなかなかオーデイションに通らなかった中で編み出された、ケンセイメソッド。

日本人のための英語の発音レッスンです。

日本語と英語の違いから、どうしてこういう発音になってしまうのかが、レッスンを受けるとよく分かりました。

申し込みされた方を、Facebookの非公開のグループにご招待しています。

直々にレッスンを受けられる、またとない機会をお見逃しなく。

呼吸器教室のお知らせ

呼吸について正確な知識を手に入れ、実践することで、息切れに困らない生活を手に入れる助けになります。

【息切れ生活から脱出するために知っておくべきこと】
・身体は、60兆個の細胞からできている共同体。
 それぞれの細胞の意図が大切。
・肺は、役割り分担として、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す役目を担っている。
・呼吸の役割りはエネルギーを作ること。
・息切れがある時は、安静にするのではなく、動く。
・息は吐いてから吸う。
・食事と運動が呼吸リハビリの両輪。

この記事を書いた人

中田潤子

中田潤子

呼吸器内科診療にて包括的呼吸リハビリテーションの知識を生かし、診療を行っている。呼吸器内科医師。20年以上勤務医として勤める。アメリカ留学も経験あり。呼吸を整えるとパフォーマンスが上がるとの考えで活動中。

詳しいプロフィールはこちら。